PROGRAM

  発声・発音・アナウンス基礎練習

大人向けには、3名のアナウンサーに師事し学んだテクニック、元NHK奈良放送局キャスターでの経験を駆使して、必要な技術をすべてお伝えします。

こども向けには、子供アナウンス発声協会のテキストを元に、こどもが自分の声でわかりやすく伝えられるよう、楽しくレッスンさせていただきます。

ボディ・ワーク

ボディー・ワークとは、体の歪みや筋肉のブロック(筋肉の慢性的緊張)を、心理的ストレスや過去のトラウマ(心的外傷)とのつながりの中で解消していくアプローチ法です。「こころ」と「からだ」の相関関係や,からだのメッセージを理解し、心身両面にわたる体へのアプローチで意識に働きかけるメソッド。私は リバランシング療法や総合的な身体心理療法を元にした若本勝義氏独自のボディ・ワークを学びました。



NLP


NLPとは、神経言語プログラミングと訳される1970年代のアメリカで誕生した心理学です。

当時カリフォルニア大学の助教授だったリチャード・バンドラー氏と、その大学院生のジョン・グリンダー氏の2人によって、3人の天才的なセラピスト、ミルトン・エリクソン(催眠療法家)・バージニア・サティア(家族療法)・フレデリック・パールズ(ゲシュタルト療法)を参考にし、開発されました。元はセラピーで使われていたNLPですが、現在では、ビジネス・教育・スポーツやその他の業界で幅広く使われています。

SUNOKI式潜在意識リーディング

京都のまえたひろこ氏によって体系化された、キネシオロジーを用いた個人セッション。意識では理解できないことを、筋肉反射によって潜在意識から問題の原因を探り、クライアントをよりよい方向へ導くお手伝いをします。

※キネシオロジー

1964年にコロラド州デンバーで行われたカイロプラクティック会議で、ジョージ・グッドハード博士により発表された。当初は医療家や治療家向けのものだった。 現在は「アプライドキネシオロジー(AK)」として、日本でも学ぶことができる。1967年には、世界で初めてキネシオロジー学科(身体運動科学科)がカナダ・オンタリオ州立のウォータールー大学応用健康科学部に設置された]運動生理学や人間工学、生体力学、神経科学などが身体運動科学分野の主要な学問領域である。1973年にジョン・F・シー博士が、アプライドキネシオロジーを一般家庭で使えるようにと簡単にまとめ、タッチ・フォー・ヘルスという学問を作った。これ以降、キネシオロジーは世界的に広がりを見せる。 今では、キネシオロジーは200種類以上にものぼり、世界の105カ国以上で何百万人もの人々に活用されている。(ウィキペディアより)


マインドフルネス

私はハコミセラピーのセラピストではありませんが、若本勝義氏に師事し、数年間にわたってその真髄を学ばさせていただきました。そのなかでも、マインドフルネスは自分やクライアント様のあり方を調える、今の自分に気付く大切なスキルとして使用します。

※ハコミセラピー

身体、こころ、精神性のつながりを尊重し、マインドフルネスを取り入れた心理セラピーです。東洋の思想がベースでありながら西洋の心理学、脳科学の最新研究も取り入れています。1970年代にロン・クルツ氏によって創始されました。穏やかで思いやりに満ちた療法でありながら、最も効果的な心理セラピーとして米国、ヨーロッパで確立されています。(Center for Wellness and Healing HPより)